〒167-0051 東京都杉並区荻窪四丁目32番9号 土曜会ビル701
(JR中央総武線・地下鉄丸ノ内線 荻窪駅南口徒歩3分)

受付時間
9:00~18:00
 定休日  
土・日・祝日
(ご希望の場合、事前にご相談ください)

お気軽にお問合せください
(初回のご相談は無料です)

03-6279-9615

抵当権抹消

 概略

住宅ローンを完済すると、ローン残高は「0」になりますが、抵当権の登記自体は登記簿に残ったままです。金融機関が主体となって抵当権の登記を抹消するわけではありません。お心当たりがある方はぜひご連絡ください。長い間、抹消登記をせずに放置しておくことは得策ではありません。
 

<抹消登記をせずに放置した場合のリスク >

  • 抹消登記に必要な書類を紛失した
  • 金融機関が再編し、窓口がどこかわからない
  • 債権者が破産又は死亡により存在しない
     

 ※上記の場合、通常よりも手続きが煩雑になり、登記費用が高額になる可能性があります。

 必要書類

抵当権の抹消手続きの必要書類は、金融機関が発行する書類です。通常、住宅ローン完済後、金融機関がお客様のご自宅へ郵送致します。
具体的には主に次の書類です。

  • 抵当権の登記識別情報通知書 又は 登記済権利証
  • 抵当権の解除証書
  • 金融機関の委任状

 

※ 登記簿上の住所・氏名が現在の住所・氏名と異なる場合、変更登記を申請する必要があります。

  その場合、別途必要な書類が発生いたします。

 

 次に該当されるお客様はぜひご連絡ください。

  •  登記のためにお仕事を休みたくない!

法務局は平日しか営業をしていません。お客様ご自身が登記のお手続きをするためには、平日に有給休暇を取得し、法務局に出向く必要がございます。また、書類に不備があった場合も同じです。訂正のため法務局に再度出向かなければいけません。慣れないお手続きは、非常にストレスです。初めから司法書士にご依頼いただくことをお勧めいたします。

  •  お手続方法ががわからない! 面倒なことはきらい!

抵当権の抹消登記を申請するためには、登記の申請書を作成し、法務局に提出しなければいけません。「金融機関から受領した書類をどうしていいかわからない」といったご指摘をいただくことも多くあります。一生のうちに一回しかおこなわないかもしれない登記手続きに時間を費やすよりことよりも、お客様にはもっと別なことで有意義なお時間をお過ごしいただければと考えております。

 

無料相談受付中

好評につき、無料相談を実施しています。
お客様のお時間の許す限りお話をお伺いし、ご提案させていただきます。


 

お電話でのお問合せはこちら

03-6279-9615

業務エリア

杉並区荻窪を中心に1都3県
(東京・埼玉・神奈川・千葉)

お問合せ・無料相談予約はこちら

お電話でのお問合せはこちら
(初回のご相談は無料です)

03-6279-9615

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。